代替燃料タイプ

代替燃料タイプ

 

石油コストウォーキングの進行中の問題は、実際には今日の世界では不快です。多くの余分な個人が実際に賢くなり、車の所有者は実際に他のさまざまな種類のオプションガスを利用する機会をチェックしました。

オプションガスの種類とは、実際には液化油燃料、液化全有機燃料、圧搾全有機燃料、バイオディーゼル、エタノール、メタノール、電力、天然植物水素、油です。

代替燃料タイプ

液化石油燃料またはLPG

液化石油燃料やLPGでさえ、実際にはプロパンだけでなく炭化水素で構成されています。そのため、実際にはlpと呼ばれることもあります。炭化水素は、温度レベルが実際に典型的である場合は実際には蒸気ですが、温度レベルが実際に適度である場合は流動性になります。 LPGの主な資源は、実際にはカリフォルニアの石油精製所です。ただし、国全体の需要については、石油の微調整とガスの取り扱いに起因します。これは、イルミネーショントラックや車両などの小型車にも適合します。

ラベル自体が原因で、液化全有機燃料またはLNGでさえ全有機ガスに由来します。あなたが食事の準備だけでなく、他のさまざまな家の要件に利用するもの。 LPGとの違いは、実際には、LNGがソース端子で液化するために、信じられないほど低い温度レベルで冷却する必要があることです。

プレスされた全有機燃料

プレスされた全有機燃料は、実際にはおそらくあなたの家で利用されているすべて天然の燃料であり、主に統一された条件で国内で作成されたものです。輸入は実際にはパイプを使って、あるいは特殊な船でさえも行われます。ガスの必要性が高まっているため、製造業は実際には、国のすべてのニーズに対応するだけの量をほとんど獲得していません。

バイオディーゼル

バイオディーゼルは、実際にはバイオマスから生成される代替ガスのはるかに余分なものであり、正常に復元でき、実行可能な二酸化炭素汚染物質による環境の問題を脅かさないという重要性があります。それは本質的に、独自のベースをタイプするために菜種油または大豆さえも使用します。場合によっては、再利用された食品調製油やペットの脂肪でさえ、実際に同様に簡単に適用できます。調整なしで、5%は実際にディーゼル車で利用されるようになることをお勧めします。

エタノール

エタノールは、実際には同様に、バイオマス発酵から生成される穀物酒と呼ばれます。バイオディーゼルのように、実際には、環境に対して実行可能な不利な問題を発生させることから生じるリスクはありません。それは実際にはエタノール、whereceE85、および無鉛ガスの混合物から作成されます。

代替燃料タイプ

メタノール

メタノールは、実際には同様に材木酒と呼ばれます。実際には、通常、すべて天然の燃料から生産されますが、バイオマス発酵によって生産される可能性があります。それにもかかわらず、このアイテムは実際にはまだ多くの追加の調査研究を経ており、治療法を開発しているだけでなく、手頃な価格で推奨されていません。

電力の種類については、より高い硫黄を含む石炭を太陽組織に放出することで得ることができます。この種の車は、実際にはバッテリーまたは交雑種のいずれかとして決定されます。ディーゼル、ガス、さらにはオプションの種類のガスなど、あらゆる種類のガスを利用して動作するように、交雑種の電気自動車を作成することができます。一方、電気電池の電気自動車のエネルギーは、船外にある発電機から発生します。

天然植物油

天然植物油は、実際には手、ブドウ種子、さらにはアーモンドなどの作物から発生するガスであり、実際には油性のろ過システムであり、粉砕されています。 PPOは現在、ソースの量が非常に制限されています。しかし、水素ガスの種類は、実際にモデル化された車で現在使用されているだけです。これは実際には汚染物質のないガスになると言われています。

これらの種類のオプションガスは、実際には、汚染された国や貧しい国々が、独自のコストをかけても必要性を維持しなければならないものとまったく同じです。